エロばなエッチ体験談官能小説オリジナル

完全オリジナルのエロばなエッチ体験談です。

記事一覧

  • レイプ / 人気・おすすめ

    痛くない?などと言いながら同女の身体を触り(略)、同女のパンツを脱がせて仰向けにならせた上で「いいよ、お医者さんだから」などと言い、自らの下着を引き下げて陰茎を露出させ、性交するために自己の陰茎と自己の指を挿入するなど弄んで、同女に自己の陰茎を舐めさせる

    記事を読む

  • 店を出るとまだ夜11時だった。さあ、これからもう1軒か、それともホテルか。洋子は日本酒を4杯も飲んでご機嫌である。「フラフラする〜」と言いながら、オレの腕に抱きついてきた。いける。今日こそいける。「これからオレの家で飲み直さへんか?」「でも…・・・」でも

    記事を読む

  • ワリキリ援助交際

    主に海外の要人や金遺いの荒い財界ニ世からなる、タレノト買春集団のことだ。「といっても明確な組織があるわけじゃないんですよ定期的にブロダクションへ買春を要求してくる顧客の名前をまとめた、リストみたいなものですね」このリストを作成したとされるのが、プロタクシ

    記事を読む

幼女連続レイプ魔無期懲役の異例の量刑の理由は被害女児の年齢が最年少わずか3才

痛くない?などと言いながら同女の身体を触り(略)、同女のパンツを脱がせて仰向けにならせた上で
「いいよ、お医者さんだから」などと言い、自らの下着を引き下げて陰茎を露出させ、
性交するために自己の陰茎と自己の指を挿入するなど弄んで、同女に自己の陰茎を舐めさせるなどし(略)

杜の都・仙台では、幼女はかりを狙う性犯罪事件が頻発していた。
およそー年半で被害届は60件を超えた。事態を重く見た宮城県警本部は、性犯罪捜査指導官をキャップにすえ、
捜査一課・性犯罪捜査班を中心に所轄署からの応援も加えた特別捜査チームを極秘裏に設置内偵を開始した。

改めて各被害状況を精査すると、犯行時間帯は決まって午後ー時過ぎかりタ暮れまで。手口も酷似しており、常習性は明らか。
同一犯の可能性か
まもなく犯人像が絞り込まれた。身長約160センチ、顔や体つきはやせ型。
髪を頭部真ん中から大雑把に分けた、20代前半の「やさしいお兄さん」風の男のようだ。
リュックサックを背負って俳個し、ひと気のないマンションの階段踊り場や、大人の目からは死角になる公でイタズラに及ぶ。
その際、いくつかの誘い文句を使い分け、
「白と黒の。猫を探してるんだけど、見なかった?猫探しするから手伝って」
「隠れんぽしてたら、黒いスカートを履いた女の子がいなくなっちゃった。いっしよに探してくれない?」
などと、巧みに犯行現場へ引き込むことも特徴的だった。複数の被害女児からは、こんな証言が得られた。
「お兄ちゃんは、カメラを持っていて、怖いことされたとき、撮影していた」

被害届は市内全域にわたっていたが、そのうち数力所では、間隔をおいて再三、被害事例が報告されている。捜査チームから咳きがもれた。
「この野郎、何度も来てやがる」
激撃(ようけき)捜査という捜査手法がある。犯人が立ち回りそうな場所に張り込み、待ち伏せるのだ。
今回もいくつかの捜査地区が選ばれ、各地点にそれぞれ数人の私服刑事が配置された…
稀代の《幼女連続レイプ魔》が逮捕されたのは、8月8日、うだるような暑い午後のことだった。
仙台市太白区のとある公営住宅の敷地内に、Tシャツ、半ズボンにサンダル履き、リュックサックを背負った若い男が何かを物色するような仕草でうろつきはじめた。
人相風体はビタリ合致している。職質がかけられた。
「警察だ。何やってんの?ちょっとさあ、そこまで付き合って」
逃げようとして、私服に取り囲まれた男は「友だちの家を探してる」「通りかかっただけ」などととぼけた。
ー週間前にも来てるだろう7と、さらに質問を畳みかけると、男はトリのような赤い悲鳴をあけた。
「助けてー助けてー」任意同行を求める私服刑事に対し、さらに男は脈絡もなくまくし立てる。
「まずあなた方にね、私、いいイメージ持ってないんです。第一一にあなた方と話す気はない。第三にその理由はない。理由がないっていうのが第一の自由だね」
「あなた方が勝手についてくるのは、これは一種のプライバシーの侵害にあたる。ボクはすっごくムカついてんの。全てにおいて・・」
「人がとこを歩こうが、何をしようが、あなた方に何の関係があるの」
私服刑事たちは、男に気がつかれないように、被害女児を乗せた捜査車両を接近させ、人相の確認を取った。
間違いない。逮捕に踏み切れる。
「やむを得ないな。我々は強制力をもってあなたを連れて行く。名前も言ってないし行為をしたということで、この場で緊急逮捕するから」
「じゃあ、名前を言いましょう」「もう遅いよC逮捕したからな」

被告に対し、無期懲役の判決を下した。性犯罪では異例の量刑である。
そもそも我か国の裁判では、判決が求刑の三割引きになるというのが通り相場だ。
それがこの事件に限り、検察側の求刑どおりになったのはなぜか。理由を判決文より抜粋してみよう。
《被告人の供述する経緯及び動機は、単に幼女にたいし性的興奮を党えるや、その興奮を満たすために何のためらいもなく犯行を重ねるようになったというのに尽きる。
よってそこには一片の酌量の余地も見出すことができない》
逮捕後まもなく、100人を超える幼女に対し、わいせつ行為や強姦行為を繰り返したと供述している。
裁判で直接間われた容疑事実は、強姦未遂4件、強姦致傷2件、強姦5件、計11件に過ぎないが、実際の被害者数は、おそらく戦後の性犯罪史上、最大級だろう。
その上、被害女児の年齢が、最年少者でわずか3才、もっとも年長でも10才の少女だというのだから、開いた口がふさがりない。
《被害者らはいずれも性交の意味すら理解しえない(略)幼女であるところ、姦淫こそ既遂に至ったものはないものの、その被った肉体的・精神的な衝撃は甚大である。(略)既に抱き、あるいは抱くであろう成人男性一般に対する恐怖感はもとより(略)本件被害による精神的後遺症が将来にわたり及ぼす悪影響も計り知れない》ついで判決文は、一昌山の犯行が類似事案と比べてなお、異常性と常習性が顕著であると指摘し、断罪した。《本件において法律上許される最」尚
刑である無期懲役を科するほかないと判断した》
検察関係者が説明する。
「この種の犯罪で、11件もの事案を起訴し、また立件に持ち込めたというのは非常に希有なこと。事件は特異な例なのです」
事実、届け出のない被害女児の身元を特定し、捜査員が親元を訪ねてみても、「うちの娘がイタズラされたのは、本人からも聞いているし、確かです。
しかし裁判にしてもらっては困ります。・・やはり被害届は出せません」
と、強く拒まれるケースがほとんどだった。検察関係者は続ける。
「それでも、これだけの事案が立件できたのは、何といってもビデオテープの存在か大きかった。高山は逮捕時もリュックサックにビデオカメラを入れていた
タグ

水着の写真をメールで送るならM字開脚の写真を送ってくれ

店を出るとまだ夜11時だった。
さあ、これからもう1軒か、それともホテルか。洋子は日本酒を4杯も飲んでご機嫌である。
「フラフラする〜」と言いながら、オレの腕に抱きついてきた。
いける。今日こそいける。
「これからオレの家で飲み直さへんか?」
「でも…・・・」
でもって何だよ。
「明日、友達と海に行くんだよね。友達の彼氏が車を出してくれて、朝の7時に迎えに来るから」
「え〜、水着の写真をメールで送るから、今回は我慢して」
結局、家で飲む飲まないの議論が、いつの間にか
「M字開脚の写真を送ってくれ」
「胸のちょっと上ぐらいまでしかダメ」
といった、どの部分の写真を送ってもらうかの議論にすりかわっていた。
毎度のことだ。自分でも情けなくなるほど、毎回毎回この繰り返し。
せめてもの救いは、明日、ビーチから写メールが届くことぐらいだ。
翌日、約束どおりに写真が送られてきたが、まるで嫌々撮ったかのように洋子の顔はこわばっていた。照れだと信じたい。
最近のオレは、なぜ自分がモテないのか大いに疑問を感じて仕方がない。
今回の洋子も特筆すべき容姿ではないのに、いまだにオレは手こずっている。
世間を見渡せば、職も金も能力も才能もない、ないない尽くしの輩で溢れている。
本当にサエない、頭の悪そうな奴が、美女とはいわないが、そこそこいい女を
連れていたりすることもある。薄ぜその女はオレでは悪く亀そいつを選んだのか。
一方のオレは、ほどほどの貯金と安定した職業、そして悪くない学歴と、ユーモア精神を
併せ持っている。実家も裕福だし、飼っていた犬はマルチーズだ。
なのに世間の女どもは、ないない尽くしの男のほうを選ぶ。さっぱりわからない。
いつ庭いどういうこと葱のだ。夏の暑さと、何もかもうまくいかないイライラのせいで
今回は愚痴らずにいれなくなった。
オレは間違っているの?
カテゴリ
タグ

芸能マスコミで頻繁に取り沙汰される芸能界売春ルート

主に海外の要人や金遺いの荒い財界ニ世からなる、タレノト買春集団のことだ。
「といっても明確な組織があるわけじゃないんですよ定期的にブロダクションへ買春を要求してくる顧客の名前をまとめた、リストみたいなものですね」

このリストを作成したとされるのが、プロタクションを務める人物。
大企業の社長の2世で、定期的に財界ニ世を集めては懇親バーティ繰り返す手法で、芸能界のドンをもしのぐ人脈を得たという
AV女優が国王に愛人として月300-500万で囲われていた事件がありましたよね。このルートを繋げたのが氏だと言われているんです。これで国内外のVIPたちから信頼を得て、少しずつ買春幹旋の依頼が舞い込むようになったようで
代表例は、姉妹である
かつては売れないファッションモデルだった彼女は、20代の前半に外人系の顔立ちに整形したところ、海外の金持ち連中から売春接待のオファーが殺到。業界内で「高級コールガール」と呼はれる裏セレブに成長したのだという。外人ってああいっハデな顔が好きらしくて、彼女の場合、全盛期で一晩200万を稼いでいたと甘います」

一方、国内で人気か高いのが、数年前にビジュアル系パンドのボーカルと離婚した、元モデルだ
8頭身に幼い顔立ちが、財界のトップに多いとされる口リコン層に大人気らしい
「日本の経営者って、異常にロリコンが多いんですよ
それに加えて、事務所は元から肉弾接待に積極的なことで有名ですからね
一時期、彼女が精神状態を崩していたのは、売春に駆り出されたせいだという説もありますよ
ちなみに、同事務所に財界売春の噂が多く、一晩の料金はおよそ300万と言われているそうだ
「他にも事務所のAにも同じ噂が出ています。価格は相手によって変わりますが、平均でおよそ400-500万とのことです」
そんな中、近ごろ最高値を叩き出したと嚇かれるのが、ハリウット映画にも出演した元モテルの女優だ。クライアントは、数軒の中華料理店を蓮営する実業家だったといつ。
「主演ドラマを見て気に入ったみたいでね」
「ー干万で来てくれという依頼だった、と。Kはさんざん渋ったらしいんだけど、事務所が強引に一週間の海外ロケを組み込んだって話だよ」
タグ
Copyright © エロばなエッチ体験談官能小説オリジナル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ